生命保険とは

今健康的な毎日を過ごせている人は、いつまでもその生活が続いていくと思いがちです。
しかし、いつどのような形で病気や怪我などに見舞われるか分かりません。
そして事故や事件などに巻き込まれ、万が一の事態になるかもしれません。
そうなった時に今後の生活の保障の役割をしてくれるのが生命保険です。

生命保険でも死亡保険と生存保険と生死混合保険に分かれます。
死亡保険は契約期間内に被保険者が死亡した場合内支払われる保険金です。
生存保険とは、定期保険や終身年金など被保険者が満期の時期に生存していた場合、保険金が支払われる仕組みになっています。
そして生死混合保険は、一つの保険で死亡保険と生存保険の両方を兼ね備えているものです。
被保険者が死亡した場合は死亡保険が適応され、満期時に生存確認ができれば保険金がし払われるという仕組みになっています。
代表的なものとしては、養老保険がこれに当たります。
死亡保険と生存保険が1対1になっていて、死亡した場合の保険金と生存時に支払われる保険金が同額で設定されています。

どのような生命保険を選ぶと残された家族にとって安心した生活を送る事ができるのかは各家庭によって異なります。
小さな子供がいる家庭は、将来の教育資金を含め一人当たり2000万ぐらいが必要だと言われています。
また子供が独立している家庭の場合は死亡保険を抑えて、自分の葬儀費用をカバーできるだけの保障内容に減額して保険料を安くする人も多いです。



《SPECIAL LINK》
生命保険などの見直しの相談を受けている窓口のサイトです === 生命保険 見直し

Copyright © 2014 生命保険は貯蓄型も存在する All Rights Reserved.